小学館 月刊flowers

珠玉の少女まんが進化形

「海街Diary」吉田秋生

作家 プロフィール

8月12日生まれ。東京都出身。1977年に「ちょっと不思議な下宿人」でデビュー。『カリフォルニア物語』『BANANA FISH』『ラヴァーズ・キス』など多くの代表作がある。『吉祥天女』で第29回、『YASHA −夜叉−』で第47回小学館漫画賞を、『海街diary』で第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、マンガ大賞2013を受賞。現在、「月刊 flowers」で活躍中。

あらすじ

鎌倉を舞台に描かれる、家族の絆の物語。

しっかり者の長女・幸(さち)と酒好きで年下の男に弱い次女・佳乃(よしの)、 いつもマイペースな三女・千佳(ちか)。

祖母の残した鎌倉の家で暮らしていた3人のもとに、父の訃報が届いた。そして幼いころに別れたきりだった父が残した “異母妹”を迎えることになり…!?

家族の絆を描く、限りなく切なく、限りなく優しい吉田秋生の新シリーズ。

第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、マンガ大賞2013受賞作。

登場人物
  • 香田 幸
    長女。
    鎌倉市民病院に勤務する看護師。家を出ていった母にかわって一家を支えるしっかり者。
  • 香田佳乃
    次女。
    鎌倉八幡信用金庫に勤務。明るく奔放な性格で、恋愛経験も多い。お酒が大好き。
  • 香田千佳
    三女。
    スポーツ用品店に勤務。アフロヘアの個性派。。
  • 浅野すず
    香田家三姉妹の異母妹。
    父の死後、義母と離れ、3人の姉たちと鎌倉で暮らすことに。
コミックス・関連書籍

flowersコミックス

海街diary[8]
恋と巡礼

吉田秋生

試し読み・購入

flowersコミックス

海街diary[7]
あの日の青空

吉田秋生

試し読み・購入

フラワーズコミックス

海街diary[6] 
四月になれば彼女は

吉田秋生

試し読み・購入

フラワーズコミックス

海街diary[5] 
群青

吉田秋生

試し読み・購入

フラワーズコミックス

海街diary[4] 
帰れないふたり

吉田秋生

試し読み・購入

フラワーズコミックス

海街diary[3] 
陽のあたる坂道

吉田秋生

試し読み・購入

フラワーズコミックス

海街diary[2] 
真昼の月

吉田秋生

試し読み・購入

フラワーズコミックス

海街diary[1] 
蝉時雨のやむ頃

吉田秋生

試し読み・購入

フラワーズコミックススペシャル

海街diary すずちゃんの海街レシピ

監修/吉田秋生

試し読み・購入

書籍扱いコミックス単行本

海街diary すずちゃんの鎌倉さんぽ

吉田秋生

試し読み・購入